THE SLEEPING AIDES & RAZORBLADES 『FAVORITE SYNTHETIC(LP+CD)』

DEBAUCH-009
THE SLEEPING AIDES & RAZORBLADES
『FAVORITE SYNTHETIC(LP+CD)』


以下取扱先
※レーベル在庫は完売しました。
今後は店頭在庫・バンド手持ち分よりお買い求めください。
(11/20岡山・11/21京都のライブ会場では若干枚数販売あります)


(9/30店頭発売/お問い合わせは各店舗まで)
(再入荷済)teenrama!(札幌)
UNK(青森)
犹守さんdistro(青森)
ハシケンディストロ(仮)(仙台)
(再入荷済)record KNOX(水戸)
(再入荷済)3rd & Homie(足利)
かけトロ(埼玉)(手売り販売のみ)

Senseless records(八王子)
(再入荷済)record shop BASE(高円寺)
(再入荷済)NAT records(新宿)
ミラータイム(三軒茶屋)
(再入荷済)DISK UNION(各店)
(再入荷済)JET SET(東京・京都)
SONE RECORDS(静岡)
where is your room(富山)
record shop ANSWER(名古屋)
(再入荷済)record shop ZOO(名古屋)
(再入荷済)record shop DIGDIG(岡山)
(再入荷済)SECOND ROYAL RECORDS(京都)
(再入荷済)PUNK AND DESTROY(大阪)
HOLIDAY! RECORDS DISTRO(大阪)(手売り販売のみ)
DISTRO CABBAGE CASE(徳島)
VEGRECA(愛媛)
(再入荷済)WaterSlide records(NET SHOP)
SP records(NET SHOP)
(再入荷済)DREAM ON RECORDS(NET SHOP)




THE SLEEPING AIDES & RAZORBLADES。
札幌にて活動開始から約4年、齢22~23歳(プラス27歳)にして待望の2ndアルバム『FAVORITE SYNTHETIC(LP+CD)』がDEBAUCH MOODよりリリースされる。

 今作は、現在までに1stアルバム『Space Travels In My Blood(CD)』(‘13)~『Dub Narcotic Fanclub(Cass)』(‘14) ~『Forget Me (7")』(‘14)~『VA-While We're Dead The First Year』(‘15)と着実にリリースを重ねてきた作品を自ら上書きしていくかの、バンドが今どこに到達・発展していくかを叩きつける11曲の大躍進作。そして『その才覚』と『好奇心からの純真さ』を併せ持った新世代の一つの指標となりえる集大成的音源となっている。

  11曲中、新曲7曲、現在廃盤中の音源から再録2曲、既発曲1曲、カバー1曲といったバランスで今作は形成。唐突に始まる70年代後半髣髴の煌めくバラッドナンバーにて幕を開け、そこから持ち前の程よく粘り切れ味をもった高純度POPナンバーの連発に増幅、ここまで畳み掛ける力の入れ具合にこの音源の『派手さ』を演出する強い意気込みが伝わる。大きな印象を残す2本のgtによりアルバムを通し編み出される現代的テクスチャ。そこに痛快な疾走感をぶち込んだその攻撃力・方法論には血がたぎる若者も多いのではないだろうか? 効果的なシンセ挿入曲やファズぶっ込み曲なども散りばめつつ、若いながらの心情を音像として表現する為の試行錯誤にも重点。非常に練られつつも天然な展開力に心を奪われながら、全てに於いて切なげに覆われた楽曲に胸打たれる。最後の締めは再び切なきバラッドナンバーにて音楽との恋を歌う。充足感と共に当LPは締めくくられていく。これらの言葉に嘘はない。

  今回も安定のVo/Gtシラハマによる引用センスだけでは決して収まらない影響を紡ぎ浮遊させるスタイルと、根底にある影響元への愛情と憧れを重ね続け増曲させていく痛快さ。そして紅一点ba秋栃とDrモリッシーの安定的に仕事をこなすかのリズム隊陣による淡々としつつ熱き支えにシラハマのセンスへの信頼と愛情を強く感じる。このバンドの武器である札幌の”Rick Nielsen”ことlead奥下Gtの相変わらずのキレによって、このバンドがギターバンドとして在る事が何倍にも意味付けられていくのだ。

STIV BATORSにて掲示された未来へのPOPなR&Rへの展望が35年後の若者の感性に合致し、現行カナダはモントリオールのSONIC AVENUES (このバンドにRUDIを見出しているのが重要)からの影響をベースに、EYELESS IN GAZA『Welcome now』~THE FIELD MICE『SensitiveやEmma's House』~THE SEA URCHINS~ANOTHER SUNNY DAY『Anorak City』等々な当時のキラーPOP SONG名曲達を、彼らが公言するSMITH WESTERNS~TEENAGE LOVERS等の今の手法のフィルターに通し増幅させたかの超健康現代児感。そしてGREEN RIVER~NED’S ATOMIC DUSTBIN~MEGA CITY FOUR~SENSELESS THINGSまでを通して解釈した上でのアプローチまで飛び出す。PRIMAL SCREAMのGlory Of LoveのR&Rカバー、THE HOLLYWOOD KILLERS『Butterfly』やPOSITIVE NOISE『Ghosts』など新たな試みの為の引き出し等々、、、活動を重ねるごとに根が太く長く伸びていく様はとても多くの期待に応えてくれると同時に、何度も聴き手を裏切りさえもするのだ。そして、上記の羅列はあくまで物事を整頓する為に用いたキーワードでしかない。彼・彼女達は自身でしかないのだから。

   北海道は札幌にて突如現れ、急速にその認知を拡げていったTHE SLEEPING AIDES & RAZORBLADES。遠く各地より様々な好評が直接・間接的にあまりにも多く伝わって来るという”事実”は、この数年間にてこのバンドが新世代の中でも極めて特別な存在となった事を認めざるを得ない。それは過度に多方面から『期待視される状況』が生まれつつあるという事だ。しかしそういった状況を何だかんだ乗り切ってしまうような、『遊ぶ』という若き感覚を持続させながらの今作掲示高センスな楽曲群。その存在は"ギャップ"という単純な言葉で括るにはあまりにも脅威であり、先の継続していく未来は大きく明るく開けている。甘くみてはならない。
 そんな彼・彼女達の個性が色濃く沁みる最高傑作。是非とも皆様お楽しみを。

※ジャケット/ラベルデザインは前作『Forget Me (7")』同様、破竹の勢いで活動する職人BRIDGE SHIP HOUSEによる書下ろし。




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    彼・彼女等が過去に評されたバンド名の由来である(E.HEARTS→00年代頃のPOWER POP影響下US POP PUNK:インフルエンス・THE UNDERTONES、THE HEATS)当時の流行を想起させるものはありつつも、それらはあくまでこのバンドの経緯の一つと考えて頂ければと思います。そこから溢れかえった海外の後続バンドのオリジナリティの無さに辟易していた方々にとっても、今の『インディー』という言葉で軽々しく括られてしまう様々な現状に嫌悪を覚えている人にも、そしてもちろん多くの若き聴き手の方々にも、THE SLEEPING AIDES & RAZORBLADESの今作はこの国で産まれた素晴らしき音楽の1つとしてリストに加えて頂けるものと自負しています。自分は事務方ですが。
   主観ですが、バンドの核である白浜がTHE CURE名曲『A LETTER TO ELISE』をフェイバリットに上げる事等に、そこを通したオールタイムの『スター性を得たいローカルバンドの儚さ』と『栄光を掴んだ反面、増進剤によって蝕まれた不安定な者が産み出す繊細さ・ユーモラスさ・甘美な独創性の再現』なんていうものの中間を、自然体であるべき今の若者として独自に解釈しているんだよな~と強く思っております。だから面白いんですよね。こんな音源のリリースに関われるとは人生分からないものですね。皆様是非とも針を落として頂けたなら幸いです。