WOTZIT『kiiiro(10”)』

WOTZIT『kiiiro(10”)』


Aside
1.EYES OF PERVERT
2. NOISES
3.ABUSER
4.PAYDAY
Bside
1.I FAILED
2.NERVE SURFER
3.EVIL SONG
4.HIPPO'S MOUTH

型番: DEBAUCH-014
価格: 1890円(税込)
フォーマット: 10"
発売日: 2017年1月21日発売予定
付属DLCODE: 『TAPE2 remix ver.』(by htw [from:Soloist Apartment])





<取扱先>
teenrama!(札幌)
UNK(青森)
モスラ汁レコーズ(仙台)
record KNOX(水戸)
record shop BASE(高円寺)
NAT records(西新宿)
SOLOIST APARTMENT物販(東京)
DISK UNION(各店)
DREAM ON RECORDS(横浜)
where is your room/AFTER ALL RECORDS(富山)
record shop ANSWER(名古屋)
FILE-UNDER RECORDS(名古屋)
punk shop VORTEX((四日市)
WITH ONE ACCORD(京都)
PUNK AND DESTROY(大阪)
ちょい呑み食堂tutini (大阪)
VOX POPULI(津山)
DISTRO CABBAGE CASE(徳島)


東京にて2015年より活動を開始。長きに亘っての多角的視点・嗅覚のバランスに裏打ちされた衝撃的楽曲、強い存在感が既に確固たる位置にまで登り至っている『WOTZIT』。この短期間にて確実に日本の地脈に深く刻み込まれたであろう既発作『1st、2nd TAPE(共に現在廃盤)』を(10")として各面に刻み込んだ、Killerコンパイル作が2017年1月リリースされる。

  今作は、現在バンドが多方面から熱烈な支持を得ているのも納得のエッジの効きまくった随所での"仕事"がレコードへと移行、交錯点として強く記録された(10")として流れをコンパイル。各TAPEにて既に楽曲を体感している人間にとってもあらためて、このバンドの巧妙な曲構成~そこに反して衝動的にもシフトしていく"軋み"をより相乗体験できる"盤"となっている。
AB面怒涛展開にて放たれる楽曲群は鋭く、且つ渦を巻くようなアイディアに溢れつつ孤高に在り、重い経験に裏打ちされたコントロールがマーヴェリックな方向に彩られたかの確信犯性を富む。ギリギリに刻まれるインパクト大なGtの縦横無尽さと強い印象を只管随所に散りばめるインテリジェンスなBa、小気味好くタフに全体の重心を硬変させていくDr、そして全てを引っ掻き回していく吹っ切れたVoが織り成す分裂" Killer Punk"ナンバーの連打は、聴き手の脳を揺さぶり胎動していく。主にSACCHARINE TRUSTなどが真っ先に引き合いに出されつつも、オリジナルな構築性にてPOP GROUP/THE CRUCIFUCKS/INSERTS(Texas)/LEATHER NUN/初期GLAXO BABIES/『SOLDIER-TALK』RED CRAYOLA (RED KRAYOLA)/PHANTOM OPERA/THE IMPERIALIST PIGSなどなど多種に渡るバンド群の要所を各者各様が現代の動きとして同時に紐付けていく様は、時間軸上の前後関係が歪んでいくかの現在進行にて溶接・構築・融和された魅力に溢れていく。それは昨今のネット社会において世界中を見渡したところで揺らぐ事は無い事実なのだ。

そんな一つの最極として動き続けるバンドの経緯をアーカイブした今作(10")。今後一生お楽しみを。

※付属のDLコードは、東京にて活動するJAPANESE SYNTH PUNK/MINIMAL SYNTH『SOLOIST APARTMENT』の氏による原曲完全崩壊『TAPE2 remix ver.』を収録。プライベートに淀む実験性を一室で混沌~OLD SCHOOLなインダストリアル観点にて肥大させたかの、SUICIDE/BLACKHOUSE/LA NOMENKLATUR/THE SEA OF WIRES/COLIN POTTER 等々髣髴のエグき遊びにてWOTZITの楽曲を調理。

VOTZCO『RUN AWAY/GILLS BESSON(7”+DL CODE)』

VOTZCO
『RUN AWAY/GILLS BESSON
(7+DL CODE)』

Aside
RUN AWAY
Bside
GILLS BESSON
型番: DEBAUCH-013
価格: 864円(税込)
フォーマット: 7”
発売日: 11月5日発売予定(変更となりました)





<取扱先>
UNK(青森)
イズモッコリディストロ(青森)
モスラ汁レコーズ(仙台)
record KNOX(水戸)
record shop BASE(高円寺)
TOO SMELL RECORDS(吉祥寺)
NAT records(新宿)
BUSH BASH(小岩)
DISK UNION(各店)
SONE RECORDS(静岡)
where is your room(富山)
record shop ANSWER(名古屋)
FILE-UNDER RECORDS(名古屋)
DISTRO CABBAGE CASE(徳島)
VEGRECA(愛媛)
SP records(NET SHOP)

 DEBAUCH MOOD13枚目のリリースは、ベースレスsoft fuzzed-out 90's(以降)style "POP" PUNK TRIO『VOTZCO』による初の正式単独作(7")シングル。

 東京にて2014年結成。リリースされている物はdemo録音のみ。ライブでなければバンドの全容が掴みづらい立ち位置にて、様々なイメージを持たれている『VOTZCO』。彼らにとって今作は、過去の録音と比較しても有り余るほどに現実の姿を刻み込み、まさに『気合い一発』、『一心不乱』な純粋すぎるテンションと青き楽曲~整然とは真逆をいく『自分達の快感だけを追い求めている様』を清いまでに強く具体化した初(7")シングルとなっている。

 そんな今回のシングルは、メンバーが基本影響として公言するJAPANDOROIS等を起点に置きながらも、THE TRADITIONAL FOOLS以降の質感を日本の若者ならではの理屈度外視自然体現にて(形態的なR&Rから離れながらも感覚的なR&Rに比重を置くという事)解釈した2曲を収録。
それは現代のPOP PUNKサイド的に表向きでは踏襲されながらも、2本のギターが柔らかくもバーストされていく形にて独特の方向性を辿る。がむしゃらに突っ込んでいくような爆裂感が目覚ましいAside、気だるげに噛みつくような空気と淡さが重なるBsideの2印象にてバンドの側面をあくまでノイジーに、半壊手前に演出。それは例えるならば、SKiN GRAFT Recordsよりリリースされていた強烈バンドMOUNT SHASTA等に見られた陽気な炸裂感と、ohioのTHE GAUNTのPOP側面との共通項が混合されたように疾走。そこからYOUNG PIONEERS等に代表される熱量を淡くハンマー(東側諸国風?)に込めたかの音楽手法や、「枯れた」趣きをフックとして効かせる初期EVERGREEN等に在った『その瞬間にしか表現し得なかった非安定性からくるエモーショナル感覚』にて展開し流れていくような性質を覚える。
 なによりも強くアンバランスな現状が輝き、今しか得られない衝動にあふれたバンドの魅力の素晴らしさ。そこにあるのは『極端なギターバンド』をTRASHな観点から現代基軸にて新鮮に捉え、剥き出しで"自ら行う発想"にまで至った過程の『楽しさ』が偏愛と夢想にて充満しているからこそにある。フロントギタリスト2名それぞれの観点+常に必死さ全開のドラマーの直向きさと共に、爽やかに且つボロくドブに沈めたような感覚にて『やかましい』当シングル曲は導き出されていくのだ。(使用はFUZZ WARとの事)

時に半壊かつ微SCUMさをライブでは散見させつつも、徐々に沸点へと向かいブチ切れた幕引きを行う彼ら。そこには個々の観せ場を理解しながら強引に進めようと暗中模索し続ける姿が在る。『こうならざるをえなかった』結果へと堂々と着地する様は荒く不安定な部分を内包しながらも、濃く強い『個性』の種子としてそこに見え隠れする。時には意見の対立を行いながらも、進み濁さず剥き出すプライドを強く持ち、全ての原動力は彼等が気持ち良くある為だけに活動として存在するのだ。
 そんな原理原則に則った姿勢は、同じ境遇の全てのフレッシュなものに強い勇気を与える事だろう(ちなみにメンバーは全員イケメン)。そして彼らは仲間にも恵まれ、強い結束と信頼をも強固な武器として今後も進んで行くことだろう。

そんなバンドが真実に想うモノと『現実』を強引に盤面に削り取った、爆裂&清き現物としてキャッチーに殴り込む2tracks。レコードもオマケのmp3も関係なく、極端にでかい音量で再生を。※ダウンロードコード付き。

※ジャケットデザインはRainbath Visual名義にてDESTRUCTION UNIT、WAND、DEFHEAVENなどのアートワークを手掛けるReuben Sawyerによる書き下ろし。

DAWN『THERE IS NO REASON WHY (10”+DL CODE)』

DAWN
『THERE IS NO REASON WHY
(10+DL CODE)』


Aside
1.FLOWER
2.UNDER WORLD
Bside
1.眩暈
2.GROWING UP
型番: DEBAUCH-012
価格: 1300円(税込)
フォーマット: 10”
発売日: 11月5日発売予定(変更となりました)





<取扱先>
UNK(青森)
イズモッコリディストロ(青森)
モスラ汁レコーズ(仙台)
record KNOX(水戸)
record shop BASE(高円寺)
TOO SMELL RECORDS(吉祥寺)
NAT records(新宿)
BUSH BASH(小岩)
DISK UNION(各店)
SONE RECORDS(静岡)
where is your room(富山)
record shop ANSWER(名古屋)
FILE-UNDER RECORDS(名古屋)
DISTRO CABBAGE CASE(徳島)
VEGRECA(愛媛)
SP records(NET SHOP)


 DEBAUCH MOOD12枚目のリリースは、青森にて結成~東京にて活動を行うPOWER/MELODIOUS/DRIVING 正攻法STRAIGHT JAPANESE ALTERNATIVE PUNK  TRIO『DAWN-THERE IS NO REASON WHY(10")』

 2013年、自主リリースされたS/T(CD)において独自の観点を拡張~心地良き曲センスが際立つバンドの個性を提示。2015年リリースの12"split(w/SHIPYARDS)にて体幹的躍動の増長を独自の進展により一層印象づけた『DAWN』。今作は過去を軽々と上塗りし、ディープに深化させた、まさにバンドにとっての"最高傑作"と呼ぶに相応しい強烈作(全4曲)となっている。
 紛れもない『成長』の証を叩きつけるかの今4曲は、各々が限界にまで力を入れ込み、激濃厚・ある種の境地として聴きどころ満載・胃もたれ必至の録音物として大いに鈍く輝く。猛進しつつも強弱の加減が細やかな構築力にてスリリングに光る"FLOWER"~"UNDER WORLD"により上昇し、独特の(あくまで身近な)ACID/SPACE展開から相変わらずのスタイルに強引になだれ込む"眩暈"にて胸を抉られる。そして予想外なギターの切り込みが本質的に狂っている泣きの"GROWING UP"までと、そこには現在のバンドが抱える熱量と高ぶりがこれでもかと全てに滲み出る。
 ウェット且つ粘りつくように憂うボーカルと対比するかのように、各パートが爆裂に重ねた点は強く重く在り、ドライブ~ブーストしていく様は印象深く耳にこびりつく。FUZZ用途ながらも、随所でのアタック感がより鮮明且つ心地よくバンドの肝として具体化されたギターは"見せ場"での鮮烈さと輪郭を際立たせ、ベースラインは冷静沈着且つドライな趣にて躍動~タフ且つメロウな脈拍を曲に与えていく。そしてインパクト豪快かつ柔軟なドラミングによって生じるタメからの瞬発力~跳ねるようにブチ上げていくすぐさまの切り替え等によって、『展開力』は導き出されていくのだ。
 Bob Mould/Prisonshake/Soulside等を骨格に感じられながらも、それらはより集約され、J Mascisの全遍歴からの呪怨によって弄られ生まれたかの『ヤバいギターソロ』が唐突にぶち込まれる様は痛快という言葉すら生温く、『変態性』(昨今のJ Mascisの様々な形での活動を見れば、彼らの解釈の根を理解できるかもしれない)として完全に見せ場を演出。執着と自己愛撫によってより禍々しいレベルにまで高ぶっていく。
 根底はALTERNATIVEな方法論をキャッチーに絞りストレートに荒げていくスタイルながらも、UK~EURO Psych / Prog.からの多少なりの影響は定かではないが、長き探究の末にたどり着いた"現在"には拳を握らずにはいられない。
 そしてThe Cult、A Touch Of Hysteria(LUSHのDrが在籍していた)などデカダントな境地も形骸化にて進んだ上に在ったバンドの音楽の匙加減(これらのバンドがその後90年代以降UKの一部の流れを想起させる事も重要)すらも根底に共通する部分を覚え、合わせて最早PIXIES、THROWING MUSESなどのセンスを攻撃的に進めた結果すらも今作には感じ取れるのではないだろうか。ある意味スタイルは違えど、Seein' redの『MORE OF THE SAME(7")』の充実度すらも感じてしまう程に。 
 紆余曲折にてたどり着いた一つのスタイルへの回答と衝撃が溢れ出る爆裂盤。そんな「レコードを切る」効果を強く体感する事の出来る完成度にて斬りこまれる”何か”への極端な執着を持つ若年・老年に捧ぐ"炸裂の4tracks"。是非ともお楽しみを。※ダウンロードコード付

2016/11/3. DEBAUCH MOOD presents -RAT RACE vol.11-『DAWN(10")/VOTZCO(7") release party』



2016/11/3(祝日)
DEBAUCH MOOD presents
-RAT RACE vol.11-
【DAWN(10")/VOTZCO(7") release party

▼DAWN
▼VOTZCO
▼NO
▼THE SAVAGES
▼BALLADMEN
▼SECOND APARTMENT
(from SOLOIST APARTMENT,A/D/M)

at新宿NINE SPICES
OPEN17:00/START18:00
adv:1500/door2000(+1d)
前売り→debauchmood@gmail.com

2016/7/24. DEBAUCH MOOD presents -RAT RACE vol.10-


2016/7/24(日)
DEBAUCH MOOD presents
-RAT RACE vol.10-

▼MULE TEAM
▼OMIT VOMIT
▼HATEMAN
▼VOTZCO 
▼FLOWER ZOMBIES


at西荻窪Pit Bar
OPEN18:00/START18:30
door only1800yen

無題

 配信リリースのみを行うレーベルとフィジカルリリースを続ける自主レーベルの話?

わずか4年間、レコードリリースを希望するバンドと協力をしてきた。
 【所属する】という概念を持たず、お互いフェアな関係で、"レコードを出す寄り道"程度にバンドがレーベルを捉えてもらえるように心掛けてきた。それはお互いに過度な期待をかけない、けれどもメリットを与えあう理想の関係性だと今でも考えている。
 しかし限界もあるので、レーベルとしてバンドの希望があれば、レコードとセットで他フォーマットのリリースも行う事を決めている。例えば"要望があれば"レコードと同時にCDや配信リリースを行っても良いと考え、または配信のみを希望するバンドと今後出会った場合は、『バンド負担少なくレコードを市場に流せるメリットを伝え、両方を検討してもらう等々柔軟に回せていけたらと考えている。
  
 もし、個々のレーベル運営者がフォーマットに極端な執着をもっていたとしても、そんなものははっきり言って『わざわざ周りが話題にする必要もない些細な事』だ。
 極端な意見を発信していたとしても、それは活動方針のモチベーション維持・継続する為のルールを自己に課しているという事が大前提である。地道な活動を奮い立たせる意味を強く込めているという事でしかない。
    自主レーベルは、バンド側聴き手側に音源・企画、場合によってはツアーetcをそれぞれのやり方で提供する、そこで皆と共に楽しむという最大の『目的達成』までを遂行する所詮『裏方』でしかない。だからこそ素晴らしい。だからこそレーベルは運営者の表現活動ではないのだ。地道な作業の中に・組み合わせの中に情熱を注ぎ込み人知れず助走を勝手に続け、店に卸すだけでもそれを大きな爆発のように感じる(勝手にそう思っているだけです)事ができるのは、"表現活動"をしているバンドのおかげなのだから。
 そんな聴き手の延長として、得られる快感を超えた快楽なのだ。そこに美学がある。
(※レーベル主がキャラクターを立てる行為は、目的達成の為の戦略?がほとんどだと思います)

 昨今は、選択する事も物を作る事もバンド自身が簡易に行える時代である。どういった形にてリリースをするのか、任せる相手を見つけるのか、自分達でコントロールをするのか、全ての選択権はバンド側にある。『レコードを最小の負担で出したいと思っているバンド』がいるからこそ、レコードレーベルには存在価値がある。
 多くの音楽を聴き漁りたい人にとって、今は夢のような時代である。非効率さに意味を持たす感覚は薄れつつあり、高効率性の恩恵を受けた幅が全体の成長に直結している。しかしあの手この手を使って楽しみたくなるのが人間の性、『聴き手の楽しみ方の選択肢』にレコードレーベルは生かされている。
 というようにバンドと聴き手が様々な手段の中から選択をするモノの一つとして、色々なレーベルも存在している。何を選ぶかはその人達の自由だ。(ただ、例えば無理矢理にでも人に聴かせたいくらい心から執着しまくっているような音楽の現物が存在するのならば、どう楽しむかは明白ですよね。執着が嘘ではないのなら)

 90年代に『レコードオタクが叩かれていた状況』なんかもなんとなく把握はしてきた。00年代初頭の、何を優先しているのか理解に苦しむ低クオリティ化(小学生の工作レベルの最低なペラ安糊付けの物等々)な洒落っ気ゼロのDIY拗らせ末路を面白いと思った事も一度もない。なのでレコードをリリースする行為自体、上の人間からの影響は皆無だ。どちらかというとリアルタイムな海外のレーベルから強い影響を受けた。
 が、いてもたってもいられないテンションを自力で形にするようなモチベーションには80年代〜90年代の日本のレーベルより多大な影響を受けたと堂々と言いたい。
  
 市場に送り出す事、音楽に実態としての付加価値をつける事、ライブで購入する楽しみを提供する事、永久に視覚効果を楽しめる事、、、それらは『あった方がいい』ものであって『無くても別にいい』事では絶対にない。それらに代わる何かがあったとしても、上記は限りなく欲求に近い剥き出しの楽しみ方に直結しているのだから。人間はそれらを捨てる事が出来ない。
 "配信オンリー"の方法にフィジカルリリースと比較しての強みがあるのならば良いが、コスト削減やら経費捻出やら気楽さといったレーベル側の都合・妥協点が1ミリでも"配信オンリー"の理由に見え透くのであれば、そんなものは絶対に認める訳にはいかない。(※配信のみの手法がバンド側の表現方法の一つなのであれば全然okですが)

  配信しか行わない縛りをレーベルが自称する事は、まだまだ時代的に100%理解を得られていないと思われる。それでも縛る理由は何?入れ込んでいるバンドが配信のみのリリースを拒否した場合、リリースを諦めるのか?包括的な役割を担おうとしても、いきなり個人が経験を飛び越え環境を構築できるのか?生活が苦しく現物を作る資金が回せなくとも、リリースしたい気持ちがあれば深夜にアルバイトでもできるんじゃないのか?どんな手を使ってでも金を集められるんじゃないのか?(親の脛をかじったり、遺産を食い物にするのは論外です。やめてください)

ちなみに私は、レコードでもCDでもダウンロードして携帯でも音楽を聴き毎日を楽しく過ごしています。

2016/5/22. DEBAUCH MOOD presents -RAT RACE vol.9-



2016/5/22(日)
DEBAUCH MOOD presents
-RAT RACE vol.9-

▼BLACK AND WHITE
▼WOTZIT
▼NO
▼THREE MINUTE MOVIE 


at西荻窪FLAT
OPEN18:00/START18:30
door only1500yen+1D